« ステキな出逢い | トップページ | ありがとう »

ステキな出逢い 2



これはまたまた

6月のおはなし




とある本を探しに

上板橋のBOOK・OFFへ




まずは目的の本のありそうな

コーナーへまっしぐら

ところが…




ないではないか…




せっかく来たのに

何もなしで帰るのも悔しくて

とりあえず店内をぷらぷらする




そして立ち寄るのが

やっぱり絵本コーナー




本屋さんといったら

もう、おきまりのコース




はじから全部ひらいていく

「なぁんだ、今日も収穫なしかぁ…」



そんなふうに思ったとき

一冊の赤い本を手にとって

わたしの手が、目がとまった





Rimg0034














「きみに、しつもん」

という赤い表紙の本




なかには、

やさしく問いかけるようないくつかの質問と

簡素なえんぴつ画が描かれている




ただ、それだけ。

内容といった内容はない。




それだけだけれど、

なんだか惹かれるものがある。




この絵本のこたえは

すべてが読む人にゆだねられている




そして読むたびにまた

ちがったこたえに行きつくだろう




立ち読みしながら

すべてを読み終えたわたしは

なんだかわからないが

その本を抱きしめるように

「ぎゅっ」と両手で抱えてレジまで向かった




この本には、口では説明できない

大きな『愛』のテーマがあるように思う




この素晴らしい本に出逢えたことを

とてつもなく嬉しく思う。




この本を

ずっとずっと大切にしよう




そして、いつか出逢う

わたしの子どもに

読ませよう

 




|

« ステキな出逢い | トップページ | ありがとう »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ステキな出逢い 2:

« ステキな出逢い | トップページ | ありがとう »